Bow の インドアチューニング

1) 低ポンドの弓

 アーチャーは25m以上 矢を飛ばす必要がないため、アウトドアに比べて低いポンドの弓が使えます。これによってアーチャーは身体への負荷を減らし、余裕をもった安定したシューティングとコンセントレーションが可能になります。

2) 長い弓

 25mだけ飛ばせばよいのであれば、68インチや70インチといった長いボウレングスが使えます。これによってアーチャーは身体的にエイミング時に人差し指と薬指の負担を減らし30射、60射の間 安定したシュートが繰り返せます。そして弓はバタツキが小さく、扱い易くなります。

3) 太く ハイトの高いストリング

 これによって、ストリングの返りが安定し、ノックが速くストリングから離れるためミスを矢に伝え難くなります。また、太いストリングはエイミング時においても指に食い込むのが小さく、ここでも安定が生まれます。

4) ロングエクステンションとスタビライザーの多様化

 無風のため長いエクステンションの使用が可能になり、これによって精度の高いエイミングができます。また、同様の理由からアウトドアより長いスタビライザー ロッドを使うことでエイミング時の振動吸収効果を高めエイミングの安定が得られます。

copyright (c) 2000 @‐rchery.com  All Rights Reserved.
I love Archery