間違いだらけの弓具選び と My Favorite,because

ボウジャングル


こんな風景を外国人は、ジャングルと表現します。そんなボウジャングルの中を進む時、リムを地面に付けなくなったボウスタンドに求められる性能とは何でしょうか?
最近のアーチャーは、一番大事なことを忘れています。ボウスタンドに求められる性能は、「倒れないこと」です! 風が吹こうが、雨が降ろうが、スコープが倒れてこようが、人がぶつかろうが、倒れずにサイトを守ることです。スタビライザーが傾いても、簡単に直せます。リムの塗装がはがれても、我慢はできます。しかし、サイトピンが動けば、試合は終わりです。
にもかかわらず、いつから倒れる、つまづく、場所をとる、踏めば曲がる、3本の足がボウスタンドに生えてしまったのでしょうか。確かにインドア競技は、仕方がありません。体育館に穴を開けるわけにはいきません。だから、3本足はヤマハのドラムスタンドから考えました。しかし、そんな倒れ易いものを、なぜアウトドアでまで使うのですか。
世の中、3本足しかないといえばそうです。1本足より3本足の方が、儲けも大きく、小細工ができ高く売れるので、最近はジャマな3本足がはびこっているのです。
2007年12月15日(土) No.27 (ボウスタンド)

No. PASS