Eagle-Kの性能

ロゴマーク

あなたのハンドルにない「性能」

「太く」「重く」で折れないのは当たり前です。弓の性能の最も大事なものは「軽さ」です。軽さの中で折れない、曲がらないハンドルを作る。そして「軽さ」の中にどれだけ多くの機能や性能を付与するかが、ハンドルにとって重要なことでありノウハウです。
Eagle-Kの最大、最初の性能は、超軽量「ライトウエイト」です。この中に、他のハンドルにはない性能があります。

「パーフェクトバランス」。あなたのハンドルは、グリップで支えて「上下左右」にバランスが取れていますか。ハンドルの性能は、スタビライザーやウエイトを取り付けて調整するものではありません。何も取り付けないハンドル自体が持っているものです。それがあって初めて、効率の良いセッティングやチューニングが生きてきます。
Eagle-Kは、「軽量」の中で上下だけでなく、左右のバランスもとれているのです。

ハンドル上部にあるウインドウは、形状だけでなく重量配分においても、大きくアンバランスを生み出します。にもかかわらず、あなたのハンドルの下部形状は真っ直ぐ左右対称です。
Eagle-Kは、ハンドル全体を「S字形状」にすることで、ハンドル下部を「オフセット構造」にしています。これによって、ハンドルの上下だけでなく左右においても「パーフェクトバランス」を実現したのです。

世界初「リアルセンタースタビライザー」。あなたのセンタースタビライザーは、どこに付いていますか。グリップより下にありませんか。なぜそんなに、ハンドルの中心から離れているのですか。
Eagle-Kは、グリップの中にセンタースタビライザーを配しました。これによって、エイミング時の震えや不良振動は根元から吸収、解消されるだけでなく、発射時の弓の動きやキックバックも、効率よく抑えられるのです。

1 2
よかったら友達にも教えてあげて!