Eagle-K その背景(10)

「あなたのハンドルは、何インチですか?」

今我々が使っているのは、「25インチ」ハンドルです。

では、HOYT最初のテイクダウンボウ「TD1」から、その後の「TD2」「TD3」までの10数年間。これらのハンドルの長さは何インチだったでしょうか?

HOYTは、すべて「24インチ」ハンドルです。

今のハンドルより「1インチ短い」24インチ仕様が、そのまま「世界標準」となります。もちろん、これに追随するメーカーはヤマハも含め、「マグネダイキャスト製法の24インチハンドル」を基準として作っていくことになります。ただしメーカー間の「互換性」はもちろんありません。

HOYTの仕様は、24インチハンドル1サイズに対して、リムを3サイズ。S/M/Lを組み合わせることで、66/68/70インチの弓を設定しました。66インチより短い弓は、後になってショートハンドルが追加され対応しますが、基本的に海外の選手については、女子も含め体格が日本人を上回るので、64インチは考えられていませんでした。

そこでヤマハも24インチハンドルを基準とするのですが、、、ヤマハの開発コンセプトの基本にあるものは、「日本人によって世界を制覇する」というものです。

そのためHOYTのハンドル1サイズに対して、ヤマハはハンドルを2サイズ設定しました。「24インチのショートハンドル」とは別に、「26インチのロングハンドル」を世界で初めて登場させたのです。

24インチハンドルにS/Mのリムを組んで64/66インチに、そして26インチハンドルにM/Lのリムを組んで68/70インチと設定したのです。これがヤマハの基本仕様として「Ytsl」から「YtslⅡ」「EX」「Eolla」まで、すべてのモデルに引き継がれます。

Hoyt  ハンドル1サイズ×リム3サイズ   66/68/70

YAMAHA ハンドル2サイズ×リム3サイズ 64/66/68/70

日本人の体格を考慮して、リーチ・ポンド数で優る外国人選手に対抗しようというものでした。これによって長いボウレングス(弓の全長)の場合、HOYTよりリムの長さを短くして組み合わせられるのです。

同じリーチ(矢の長さ)であればリムのたわみをしっかりとり、矢速を上げ、より効率良く、弓の性能を最大限発揮できるように最初からリムを設計しました。この発想はアルミアローの時代においては、非力な選手だけでなく欧米の選手においても、大きなアドバンテージとなり受け入れられました。

その結果は、1977年キャンベラ世界選手権ではYtslで男子1位・2位、女子1位のタイトルを獲得。その後も破竹の勢いで世界を制していったのです。そして1982年デビューのEXで、ヤマハは日本だけでなく世界においてもHoytに完全に追いつき、追い越すのです。

そこで当然、HOYTも反撃にでるのですが・・・。

よかったら友達にも教えてあげて!
URLをコピーする
URLをコピーしました!